読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

任天堂の経常利益を左右する「営業外」損益

開示

任天堂が営業利益を黒字化した。

gamebiz.jp

任天堂<7974>は、10月28日、2016年3月期の第2四半期累計(4~9月)の連結業績を発表、売上高2041億円(前年同期比19.1%増)、営業利益89億円(前年同期2億円の赤字)、経常利益164億円(前年同期比25.9%減)、四半期純利益114億円(同19.8%減)となった。
2ケタ超の増収に加え、営業利益は前年同期の赤字経常から大幅な黒字転換を達成した。なお、経常利益と四半期純利益が減益となっているのは、前年同期は営業外収益として為替差益155億円が発生したことによる反動が影響している。

 営業利益は本業の儲けを示す数値で、売上高から売上原価*1、販売費及び一般管理費*2を控除して算出される。これが黒字ということはすなわち、本業(任天堂の場合はゲーム事業)で利益が出ているということだ。 本業で利益が出ているのは大変喜ばしいとして、私は以下の部分が気になった。

なお、経常利益と四半期純利益が減益となっているのは、前年同期は営業外収益として為替差益155億円が発生したことによる反動が影響している。

うわっ......為替差益、多すぎ...?

f:id:hqac:20151031212648j:plain

画像引用元: http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1204/16/news106.html

任天堂の為替差益について

任天堂は2012年3月期から2014年3月期までの3年間、営業赤字を計上し続けてきた。しかし、経常利益では2012年こそ赤字だったものの、2013-2014年には黒字となっている。前年同四半期である2015年3月期の第2四半期にしても、営業利益は2億円の赤字だが、経常利益は222億円の黒字となっている。つまり、任天堂は、過去4年にわたって本業では赤字(もしくは僅かな黒字)を出してきたものの、経常利益では2012年3月期を除いて常に黒字を計上している。

この原因は、冒頭の記事中でも触れられているように、為替差益によるものである。任天堂の為替差益の大きさを示す資料としては、2016年第2四半期の決算参考資料中の損益計算書の推移が挙げられる。

f:id:hqac:20151031175553p:plain

上記は各年度の第2四半期の数値だが、2012年3月期~2015年3月期の4年間にわたって為替差損益が大きく経常利益に影響していることが分かる。ちなみに2013年3月期は第2四半期こそ赤字となっているものの、経常利益では(為替差益を395億円計上したこともあり)黒字となっている。なお、通期での推移は以下の通りとなっている。ここでも、為替差益が大きな影響を及ぼしていることが分かる。

f:id:hqac:20151031193418p:plain

この為替差益はどこから生じているのだろうか。155億円の為替差益を計上した2015年3月期第2四半期の決算短信を見てみる。添付資料の「4. 補足情報」中に、「提出会社の主な外貨建資産及び負債」という項目で、任天堂の保有する外貨建債権債務の主要な科目ごとの明細が記載されている。

f:id:hqac:20151031195205p:plain

これを見ると、任天堂が20億ドル超のUSドル建て現預金を保有していることが読み取れる。過去の開示資料を見るに、ここ4-5年にわたり任天堂は20~25億ドルのUSドル建て現預金を保有し続けている。そのため、円がドルに対して10円安くなれば*3、それだけで200億〜250億円の為替差益が発生する。2015年3月期第2四半期(2014年7月〜9月)は円安が進み、円はドルに対して約6.5円安くなった。任天堂はこれだけで130億〜160億円の為替差益を計上することになる*4

今後の見通し

当年度の第2四半期までの累計営業利益が約90億円であることを考えると、任天堂の最終利益には為替の変動を含む営業外損益が大きな影響を与えていると言えるだろう。

なお、2016年3月期第2四半期は為替差益及び為替差損を連結損益計算書中で開示していないため、その金額は15億円を下回ると考えられる*5

これはレートの変動が少なかった(前期末: 120.17円/ドル→当期末: 119.96円/ドル)ためであると考えられる。しかし、今後USドルと円のレートに変動がある場合は、任天堂の業績に大きな影響を与えるだろう*6

---

*1:売上の基になった財やサービスを生み出すために直接要した費用

*2:売上原価には当たらないが、企業を運営するために通常必要とされる費用

*3:例えば100円/ドルから110円になれば

*4:ドル建の債務がある場合は円換算で債務が増加するため為替差損を計上することになるが、任天堂は(外貨建て債権債務の表からも読み取れる通り)ドル建の債務をほぼ持っていないため、円安による為替差損の増加はほぼ無いと考えてよい。

*5:四半期連結財務諸表規則71条及び72条を参照

*6:レートが1円動いただけで利益の金額に20億円〜25億円の影響がある