私の仕事がなくなる日

今週のお題「行ってみたい時代」
自分の仕事がなくなる日に行ってみたい。

正確な統計を見たわけではないが、経理の仕事は技術の進歩で常に人が減っていると思う。

会計ソフトが無かった頃は、仕訳を仕訳帳に書き、それを総勘定元帳に転記してから財務諸表を作っていたわけだが、今では(たぶん20年くらい前から)仕訳を入力するだけで勝手にソフトが財務諸表を作ってくれる。さらに最近はfreeeやマネーフォワード、QuickBooksなど仕訳すら入力しなくてよい会計ソフトが出てきている。

自分の身に着けた技術が社会に必要とされなくなっていくのは嬉しくもあり、悲しくもある。社会は物事を効率よく進めようとする人とそのための技術を提供する人が複雑に絡み合ってできており、私の日々の仕事は彼らとの競争とも言える。

明日も仕事がんばろう。